生命保険を担保にしてお金が借りられる?

あまり知られていない契約者貸付制度

生命保険にはいろいろな種類がありますが、中には積立タイプで解約した時に一定額の現金を得られる保険商品があります。仮に途中解約した時に支払われる解約金を担保に入れることによってお金を借りることができる、というのが契約者貸付制度です。急にお金が必要になったけれど、銀行や消費者金融から借りることには抵抗があるという場合には、検討する価値があるかもしれませんね。

既に加入している生命保険を担保にするため、新規に申し込みをしたり審査が必要になることがないという点が、この借り方の大きなメリットです。生命保険を解約して借りるのではなく、あくまでも担保とするだけなので、借入多分に関しては返済が発生しますし、返済には金利もつきます。金利はカードローンなどで借りるよりもずっと低いことが多く、平均すると1.5%〜3.5%程度となっています。

いくらまでお金を借りられるの?

生命保険を担保にお金を借りる場合には、仮に今解約した時に発生する解約金に基づいて、いくらまで借りられるかが計算されます。解約金の金額と同一金額で借りられるということはなく、多くの保険会社では解約払戻金の70%〜90%程度が借入上限となっています。

基本的には生命保険に加入している人で、契約に契約者貸付制度が記載されていれば、契約期間内ならいつでも借りることはできます。しかし契約した直後とか満期を迎える直前などでは、借入を利用できないことはあるようです。