お金を借りる時の金利は、どのぐらいが目安?

金利上限は利息制限法で制限

お金を借りる時には、かならず金利がついて利息が発生します。金融機関にとっては、融資をする事によって発生するこの利息が収入源となるため、金利0%で貸してくれる金融機関はありません。

借りる側にとっては、金利は低ければ低いほど良いわけで、元本に上乗せして支払う利息の金額を低く抑えることにもつながりますよね。一方、金利が高すぎると、いくら返済しても利息の支払いに回されてしまって元本がほとんど減らないという事態にもなりかねません。

そのため、お金を借りる時の金利は、利息制限法という法律によって上限が制限されています。借入金額によって制限される上限は異なりますが、借入額が10万円未満なら金利の上限は20%、100万円未満なら18%、そしてそれ以上なら15%が上限となります。

低金利で借りるためのポイント

利息制限法では上限は制限されていますが、下限は金融機関が独自に設定できます。一般的には銀行の方が金利は低めで消費者金融は高めと言われていますが、商品によって多種多様なので、銀行なら必ず金利が低く借りられるというわけではありません。

各金融機関の金利を見ると、3.5%〜10%のように幅が設けられていますが、これは借入金額や利用履歴があるかどうか、その金融機関とほかに取引をしているかどうかなど、ケースバイケースで決められます。

金利が高めでも、素早く完済すれば支払う利息の合計を小さくできますし、低金利でもダラダラと返済に時間がかかれば、利息分の合計は高くなるでしょう。お金を借りたら、素早く返済することがどんな金利でも利息を小さく抑えるポイントですね。